今回取材させていただいたのは、2014年11月に開校されたs-Liveしずおか函南校(数学館)。近隣には静岡県有数の進学校も複数あり、教育熱心なご家庭が多いことで有名なエリア内に立地しています。
 「あいまいな知識にとどめを刺す」をコンセプトに、地域に根差した指導を行われている塾長の相原先生に話を伺いました。



Q)eトレの運用方法について、具体的に教えてください。

外観

外観

A)
 普段は始業時のウォーミングアップや宿題として活用しています。また定期テスト前、入試前や講習時には繰り返し練習による知識定着ツールとしてeトレを活用しています。



Q)eトレの良いところ、効果についてお聞かせください。

相原塾長

相原塾長

A)
 良いところは、欲しい問題を瞬時に生徒さんに渡せるところです。当塾では中1~高3まで幅広い学年の生徒さんが通っており、生徒さんの学力・定着度にも差があります。ですからまず基礎的な知識・確認あるいは暗記といった学習については、生徒さんの理解度に合わせて、瞬時にプリントを出せる対応力の高さが非常に重宝しています。
 ただ生徒さんによってはもう少し、高難易度の問題も出せるようにしていただきたいと思うところもあります。
 さらに、個別対応力がアップしました。特に高校生は、学校ごとに単元・進度・教科書が異なっているために個別対応が難しい部分がありましたが、eトレによって非常に柔軟に対処できています。数名の講師がそれぞれの生徒さんに臨機応変に対応するといった、自由度の高い指導スタイルが実現できました。



Q)生徒さんのやる気を引き出す方法や秘訣はありますか。

数名の先生が臨機応変に対応

数名の先生が臨機応変に対応

A)
 教室はオープンな作りにしており、中高生に学年関係なく、思い思いの席で勉強させています。それによって同級生や、志望校の先輩たちが実際に取り組んでいる姿を目の当たりにすることで、生徒さんたちに勉強に対するやる気を醸成するようにしています。憧れの志望校合格を勝ち取った先輩が勉強していた席は、「縁起の良い席」として取り合いになることもあります(笑)。
 また「がんばったお子さん」「成績の上がったお子さん」はみんなの勉強している前で、大きな声で「ほめてあげる」ようにしているのも、生徒さんたちの励みになっているようです。



Q)生徒さんの評判はいかがですか。

A)
 特に進学校の高校生は、定期テスト前に、物理・英語表現・化学など普段あまり時間の割けない科目について、生徒さんたちからeトレ学習を希望してきます。テスト勉強の中でも、暗記が重要な科目には非常に役立っていると好評です。
 また、家庭学習用にもプリントを持って帰るのが定例になっています。



 eトレを活用して、より個別対応力をアップさせているs-Liveしずおか函南校(数学館)様。eトレの特徴の一つである「繰り返し演習」を上手に活用し、生徒さんの学力アップに役立てていらっしゃいました。オープンな作りの教室は和やかで家庭的な雰囲気を生み出し、生徒さんたちが「もう一つの勉強部屋」として楽しんで通っている様子も伺えました。
  今後ますますのご発展を祈念しております。

〈Twitter〉
https://twitter.com/sLive_kannami01

〈Facebook〉
https://www.facebook.com/s.live.kannami